なまらあちこち北海道|スキー場のレストラン・旭川周辺

グルメ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分52 秒です。

 

旭川・東川・比布】スキー場のレストランのおすすめグルメ


サンタプレゼントパーク(キッチントント)

神居町富岡にあるスキー場「サンタプレゼントパーク」。

オジサンの自分はいまだに、「サンバレースキー場」って言ってしまいますね。隣接して別の名前のスキー場もあったような気がしますが、全然思い出せません。まぁ、昨日の晩飯も覚えていないんですから、当然なんですけどね。

「サンタプレゼントパーク」のマロースゲレンデの冬季営業期間は、3月28日までの予定ですが、雪が残っているといいですね。

「クリスマスロッジ」の2階にあるのが「キッチントント」。

1人席エリアも設置されていて、新型コロナウイルス感染症の対策もバッチリです。と言っても、ゲレンデが見える側にあるので、ファミリーが座ってましたけど。

「キッチントント」のメニューがこちら!

昔はスキー場の食堂メニューといえば、豚汁が必ずあったと思うのですが、今はみそ汁やスープがあっても豚汁はないんですね。仕込みに手間がかかるからかな。かなり寂しいですね。

券売機で食券を購入したのは数量限定という「生姜焼き丼 850円」。

生姜焼き定食は、よくありますが丼メニューは珍しいですね。たぶん、丼にしたほうが盛り付けや洗い物の手間が省けるので、こうしたんでしょね。豚丼との違いがよくわかりませんが・・・。

店名:キッチントント
住所:旭川市神居町富岡555-2 旭川サンタプレゼントパーク クリスマスロッヂ 2F
電話:0166-63-3232
営業時間:11:00~14:00
駐車場:あり

キャンモアスキービレッジ(レストランアルバータ)

東川のスキー場「キャンモアスキービレッジ」。ここも自分的には、いまだにキトウシスキー場って言った方がしっくりくるんですが。

キトウシ森林公園家族旅行村に隣接したスキー場で、夏にはキャンプやパークゴルフが楽しめます。
また、近くにはキトウシ高原ホテルがあり、スキーやスノーボードで遊んだ後に、日帰り入浴で冷え切ったカラダを温めることもできます。

「キャンモアスキービレッジ」のセンターハウス2階にあるのが「レストラン アルバータ」。

メニューを見ると「ザンギ丼」と「ラーメン」「ヤングセット」に”今売れています!”の文字があります。ヤングじゃないので「ヤングセット」は注文できませんが、肉まん、ザンギ、フライドポテトがセットになったお得なメニューのようです。

注文したのは東川食グランプリ2016でグランプリを受賞したという「ザンギ丼 780円」。

けっこうたっぷりとザンギがのっています。メニューの写真にはザンギの下にキャベツがたっぷり写っていますが、これは少なかったですね。また、味噌汁がついていないので、50円プラスでも味噌汁付きならうれしかったかな。

店名:レストラン アルバータ
住所:東川町西5号北44 キャンモアスキービレッジ
電話:0166-82-5001
営業時間:平日 11:00~19:00 土日祝 11:00~19:30
駐車場:あり

ぴっぷスキー場(ほくれいロッジ)

「ぴっぷスキー場」の周辺にも、キャンモアスキービレッジと同じくキャンプ場やパークゴルフ場、「遊湯ぴっぷ」という入浴施設があり、年間を通じて楽しめるエリアになっています。

夏には、スキー場の頂上からパラグライダーで優雅に飛んでいる人もいて、青い空にカラフルなパラグライダーが浮かぶ景色が映えています。

「ぴっぷスキー場」のセンターハウスにあるのがレストラン「ほくれいロッジ」。スキー場と同じく、もう半世紀も営業しているそうです。

そういえば、このスキー場も昔はほくれいスキー場って名前でしたっけ?記憶は定かではありませんが。

「ほくれいロッジ」は、ラーメンやカレーなど定番メニューも人気ですが、ちょっとオヤツにおすすめなのが「あげたい焼き 120円」。

名前そのまんま揚げたたい焼きですが、サクっとした皮にアツアツのアンコがたまりません。

「およげたいやきくん」なら、毎日毎日鉄板の上で焼かれるだけでなく、さらに揚げられるのかよって怒りますね。

店名:ほくれいロッジ
住所:比布町北7線17 ぴっぷスキー場
電話:0166-85-2399
営業時間:10:00~20:30
駐車場:あり

今回は、サンタプレゼントパーク(キッチントント)、キャンモアスキービレッジ(レストランアルバータ)、ぴっぷスキー場(ほくれいロッジ)のおすすめグルメをご紹介しました。スキーやスノーボードを楽しんだ後に、ぜひ味わってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました