なまらあちこち北海道|電動バイクで颯爽、函館

北海道

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分41 秒です。

多い坂道もOK

函館は坂の町です。それは函館山を軸に観光産業が発展してきたからだと私は思うのです。

九州で言うと長崎の街に似ています。教会があり、港があり、坂道があり・・・と。夜景がきれいなところもそうですね。

 

そんな函館の観光に利用して欲しいと、電動バイクの貸し出しが始まりました。宿泊だけでは営業が厳しいと、「コルディス」という会社がこのサービスを始めました。

観光手段の一つとして市内のホテルにもPRし、来て下さったお客様や、地元の若者たちに街をもっと楽しむきっかけを作りたい」と話す。

高田代表は、観光客に坂が多い西部地区を楽に回ってもらえる交通手段を貸し出すビジネスを構想。電動キックボードの貸し出しも検討したが、西部地区の坂道にはパワー不足だった。その後小型の電動バイクを提案され、先行導入した取り組みなどを調べ、コルディスが経営する宿「えびすまち高田屋」(函館市末広町)の一角に、電動バイク貸し出しの店「旅ショップmina」を5月1日に開いた。(朝日新聞電子版より)

この電動バイクは、折りたたみ式の軽量車で家庭用電源で充電できます。排ガスは一切出ません。街にも人にも優しい乗り物です。

法律上は原付き自転車となるため、運転には原付きや普通車の免許が必要となっています。

会社では
「十分に坂道を上れるパワーがあり、速度は時速30キロ以下で走ります。観光客にとっては体力的な負担でもあった坂を楽に回ることができますので、地元の菓子店や商店も自由に立ち寄って、利用者と地元の人たちとの交流の機会も作って欲しいです。」
と語っています。

この電動バイクの楽しさを気軽に体験して、函館西部地区の魅力も見つけてもらおうと、5月25日まで、函館市民には通常の半額で貸し出しをしています。

2日に開かれた開業イベントで試乗した人は「車体もスマートで軽いし、適度なスピードで走れるので、自転車感覚で楽しめました」と感想を話していました。

利用の流れ

営業は午前9時30分~午後4時。
利用は予約制で電話(090・2057・8572)
またはコルディスのホームページからどうぞ。

別ウインドウで開きます

(参考:朝日新聞電子版、コルディスHP)

コメント

タイトルとURLをコピーしました