なまらあちこち北海道|水揚げ日本一の〇〇・苫小牧

グルメ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分15 秒です。

ゴロゴロ水揚げ

苫小牧沖の夏のホッキ漁が7月1日、解禁になります。
水揚げ量日本一を誇る苫小牧市の苫小牧漁港では昨年は、前年初日より100kg多い7・3トンが水揚げされ、まずまずの出足となり、関係者をホッとさせていました。

解禁の日、苫小牧漁協所属の20隻が午前4時に操業を開始します。

水深5メートル前後の漁場で、砂に潜るホッキをホースを使った高圧水流で掘り起こし、網に取り込む「噴流式」という漁法で出荷基準の9センチ以上の貝を次々と捕ります。

苫小牧市公設地方卸売市場での競りでは、1キロ当たり最高1300円の値が付き、前年より66円高い評価を受けました。

同漁協夏ホッキ部会では

「資源量は豊富なので、今後も期待できます。苫小牧は胆振 東部地震で被害が大きかったのですが、浜から明るい話題を届けたいです」

と語っていました。

 

苫小牧沖では漁期が夏冬に分かれ、冬の漁を終えた後の5~6月は産卵期のため禁漁となっています。

夏の漁期は11月末で終わります。

貝の開き方と刺身の作り方

1 海水を吸い込む水管の位置に隙間があるので、そこから貝むき(無ければ洋食ナイフ)を差し込む。

写真

 

2 隙間から少し蝶番よりにある貝柱を上下2か所切り離す。反対側の同じ位置の貝柱も同じように切り離す。

写真

 

3 貝ひも部分を裏返すようにして、身から貝ひも・貝柱部分を手で引き剥がす。

写真

 

4 水管の先、黒い部分を包丁で切り取る。貝ひものふちの黒い部分を手で取り去る。

写真
5 身の厚い側から包丁で半分に切り開く。
写真

身の内側の茶色い内臓部分を、貝むきを使ってこそぎ取る。

写真

身、貝ひも、貝柱を冷水でしめてヌメリを落とし、水気をふき取り切り分けたら、お刺身の完成。

写真

8 沸騰したお湯に20~30秒ほど入れて、再度すぐに冷水でしめてから切り分ければ、湯引きの完成。

写真

 

より美味しく食べるために

ヌメリが臭みの原因となるので、冷水でしめる際にヌメリを良く洗い流すこと。

臭いが気になる場合には、冷水でしめる前に塩もみし、水洗いしてもよい。洗った貝殻に盛り付ければ、雰囲気も良いですよ。

新鮮なホッキ貝を手に入れて、是非挑戦してみてください。

付記

苫小牧産ホッキ貝は、特許庁の地域団体商標でブランド承認を受けており、「市の貝」と認定され、まちを上げてPRしています。

苫小牧漁協では9cm以上のものしか獲らないことにしており、そこまで育つには5~6年もかかりますが、肉の厚さと旨みにこだわり続けています。

なお、2020年度は恒例の「ホッキ祭り」は中止が決定されました、残念!
でも、食堂でホッキ料理を食べることはできます。

(参考:クックパッド、北海道新聞、苫小牧漁業組合HP)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました