なまらあちこち北海道|「田んぼアート」・旭川・鷹栖

北海道

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分15 秒です。

北海道の農家さんたちも、ゆとりからか、本業以外のいろんなことに挑戦することが多くなりました。
以下の動画は旭川と隣町の鷹栖町の農家が協力して作成した「田んぼアート」です。北海道新聞社のヘリでの撮影したニュースです。
6色の稲で、絵画のように水田に植える「田んぼアート」が旭川市東鷹栖7線18で見ることができます。
昨年は「がんばろう北海道」をテーマに、旭川と上川管内鷹栖町のご当地キャラクターが北海道を応援する姿を描きました。

地元のたいせつ農協青年部などでつくる実行委が2006年に始めた催しです。

縦40メートル、横170メートルの水田に6月上旬、緑の「ななつぼし」のほか、赤や白、紫など5色の観賞用の稲を植え、旭川市の「あさっぴー」「ゆっきりん」、鷹栖町の「あったかすくん」の3種類のキャラクターを表現しました。

それまでの胆振東部地震や豪雨に見舞われた道内各地の復興を願ったものです。

絵は水田の正面にある高さ8メートルの展望台から全体を眺めらることができます。毎年見に来ている旭川市内の小学生は「去年までの動物の絵もいいけど、あさっぴーもかわいい」と喜んでいました。

田んぼアートの様子 2018年の作品

6月8日田植え作業時撮影

田植え作業の風景

6月28日撮影

 

7月6日撮影

7月13日撮影

7月27日撮影

この「作品」の元絵です。

今年も間もなく準備にとりかかります。見ごろは8月中旬までです。
さて今年はどんな田んぼアートが見られるでしょうか。

(参考:鷹栖町HP、北海道新聞ニュース より)

コメント

タイトルとURLをコピーしました