スポンサーリンク

なまらあちこち北海道|イカ釣り漁船出航・函館

グルメ

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分54 秒です。

スルメイカ漁解禁 函館の漁港からイカ釣り漁船出漁

次々と出港したイカ釣り漁船

函館ではスルメイカ漁が解禁となり、函館市入舟町の漁港には午前7時ごろから漁業者が集まり始めました。
漁業者は船に乗り込んでエンジンの点検などを行ったあと、市場の関係者や家族などに見送られて青森県沖あたりの漁場に向かって出港しました。

北海道のスルメイカ漁は記録的な不漁が続いていて、昨シーズン函館市の市場での取り扱い量は
491トンと比較可能な統計がある平成17年以降、2番目に少なくなっています。

また、北海道総研函館水産試験場によりますと、津軽海峡周辺や秋田県沖の日本海で5月20日から調査を行った結果、スルメイカの分布密度は統計が残る平成13年以降3番目に低かったということです。

漁業者は「燃料代も高いので量を取ることができればいいですが、取れなければマイナスです。きょうは走り出しなので期待したいです」と話していました。

スルメイカは2日に函館市で今シーズンの初水揚げが行われる予定です。

(参考:NHKニュース)

コメント

タイトルとURLをコピーしました