なまらあちこち美容室|美容院で話しかけられるのは

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分24 秒です。

インターネットのクラウドソーシングサイト『クラウドワークス』において、20代~50代以上の100名にアンケートを実施。男女比は男性29名、女性71名です。

美容院で話しかけられるのは

美容院で話しかけられるのは半数以上が「いや」と思っている!

「美容院で話しかけれるのは好きですか?」というアンケートを行ないました。すると、約半数以上
にあたる57%の人が「嫌い」と答えたのです。

当然、その理由があります。

好きと答えた人の理由

・いつも馴染みの美容院ですので、美容師さんも、良く知っています。髪の毛、地肌の状態を聞いてもらったり、どうしたら良いのか聞いています。(50代女性)

・会話をしている方が時間が早くすぎる気がするから。(30代男性)

・無言だと、間が持たないし、会話して仲良くなると、色々、髪について(ヘアースタイルやケアについて)相談しやすくなるから。(50台女性)

好きと答えた人は、日頃から他人とのコミュニケーションが好きだったり会話を通じて自分の好みを知ってもらったりできるのがプラスになっていると感じているようです。

また、自分の頭皮や髪の状態を知ってもらうことができるのも積極的に話しをする理由の一つだと感じました。

一番多かった答えは、「雑誌を読む」で51%でした。いつも読まないジャンルの雑誌が一気に読めるチャンスで、美容院には雑誌目的で行く人もいると回答してくれた人もいました。

次に多かったのは、「携帯などを触る」で30%です。今や、スマホでできないことはないほどゲームやネットサーフィンなど暇つぶしにはもってこいのアイテムと言えます。雑誌よりコンパクトなので、施術の邪魔にならないこともポイントの一つです。

そして、「鏡で施術をチェックする」が14%、「その他」が5%と続きました。

嫌いと答えた人の理由

◆嫌いと答えた人の理由

・美容院はリラックスしたいから行きたいという面もあると思うので、ゆったりと自分だけの時間を過ごしたいです。(30代女性)

・話すことで手が遅くなる人がいるのでなるべく早く施術して欲しいから。(20代男性)

・他愛もない今起きてるニュースとかの話であれば構わないけど、プライベートのことを聞かれるのが好きではないから。(40代女性)
嫌いと答えた人は、たまに行く美容院での自分の時間を大切にしたいと感じている人が多い印象です。また、プライベートなことをあまり深掘りされたくないと思う人も多いようでした。

美容院で困ることや希望を聞いてみました。

・「話をしたくないので黙っててください」とは言えないので、何か合図があればいいのになと思います。(30代女性)

・美容系の雑誌だけでなくもっといろんなジャンルの雑誌が置いてあったらいいなと思います。(30代女性)

・できればテレビやビデオが見られると良い。雑誌だと切ってもらってる時に邪魔じゃないか気になるから。(50代女性)

・ドライヤー中だけ、話しかけるのはほどほどにしてもらいたいです。(40代女性)
このような、回答が見られました。とくに、「話しをしたくないときになにか合図があればいいなと思う」という意見はとくに多く見られました。

私は次のように考えました。
「Don’t Speak」「Don’t talk」「No Talking」「I want quiet 」
というカードを設置してもらって、それを傍に置く、というのはどうでしょう。

将来的に、お互いが気まずくならず理想的な距離が保てる方法ができれば、美容院が苦手な人も居心地の良い時間になりますよね。

まとめ

髪をきれいに保つには美容院に行くのは必須です。しかし、美容師さんとのコミュニケーションの取り方で悩んでいる人は意外と多くいるということがわかりました。

施術してもらっている最中に、お互いがリラックスして過ごせる時間がもっと増えるのは理想的です。美容師さんと話しをするのが苦手な人も、少し話しをしてみると案外楽しい時間が過ごせるかもしれません。

無理のない範囲で、自分なりに美容院で素敵な時間を過ごしてみてくださいね。

それでも美容院がどうしても苦手だと感じる人には、トリートメントをおすすめします。日頃から髪のメンテナンスをしていれば、健康な髪が保て、美容院に行く回数を減らせるかもしれません。

毎日忙しいかもしれませんが、1日の終わりに、お風呂で髪の毛を労ってもらえるよう、美容成分たっぷりのトリートメントはいかがでしょうか。

また、加齢とともに気になる白髪のケアには、ぜひ綺和美の白髪染めシリーズ「Root Vanish」をお試しください。こちらはネットで購入可能です。

綺和美の白髪染めを見てみる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました