なまらあちこち美情報|自宅でできるサラサラ、ツヤツヤの髪

美容

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分0 秒です。

自宅でできる!髪の毛をサラサラ、ツヤツヤにする方法


髪の毛がパサパサになる原因は大きく分けて「乾燥」「摩擦」「栄養不足」の3つ。冬はこれらが同時に起こりやすく、年間を通して髪の毛が最もダメージを受けます。

まずは、髪がダメージを受けるメカニズムを理解したうえで具体的に対策していくことを検証してみましょう。

髪がパサパサになる原因①:乾燥

髪の毛のツヤや潤い、サラサラな手触りは髪の表面のキューティクルが整っているかどうかにかかっている。

キューティクルとは髪の表面を鱗状に守ってくれている組織で、肌でいう角質層のようなものです。キューティクルが滑らかに整っている状態であれば、髪の毛の内部の水分や弾力が保持され、ツヤや滑らかな手触りを叶えてくれます。

しかしキューティクルは、わずかな摩擦や温度差で傷ついたり開いたりする非常にデリケートなもの。空気が乾燥し、静電気が生じると髪の毛のキューティクルが非常に剥がれやすくなるのですそのため、髪の内部にある水分がどんどん失われ、髪がパサつきやすくなります。

衣類やマフラーなどによって静電気が起こりやすくなる冬は、特に注意が必要ですね。

髪がパサパサになる原因②:摩擦

先述した通り非常にデリケートな存在であるキューティクル。なかでも苦手なのが摩擦による刺激で、髪が濡れた状態は最もキューティクルが剥がれやすいことがあげられます。

ほかにも間違ったシャンプーやタオルドライ、ドライヤー時の摩擦、髪が乾き切っていない状態での就寝などでもキューティクルはどんどん傷つき、剥がれ、髪はあっと言う間にパサついてしまいます。

髪がパサパサになる原因③:栄養不足

髪の栄養不足によっても髪の毛はパサパサになります。

髪の毛はタンパク質によって作られているため、日々の食生活でのタンパク質不足も髪がパサつく原因につながります。痩せ気味の人、貧血気味の人、冷え性の人などはタンパク質が足りていない場合が多く、髪の毛もパサつきやすくなります。

さらにカラーリングやパーマの薬液は、髪の内部に浸透し髪の水分量を減らしてしまうため、髪の毛の栄養不足の原因になります。栄養が失われた髪からはキューティクルも失われやすく、髪がボロボロになってしまうのです。

自宅でできる! 髪をサラサラにする方法

髪をサラサラにするケア方法とおすすめのアイテムを紹介!
髪をサラサラにするケア方法とおすすめのアイテムを紹介!

髪の毛の成長スピードは1ヶ月で約1センチと比較的早く伸びます。そのため、髪の毛がパサパサになる原因である「乾燥」「摩擦」「栄養不足」を徹底的に取り除けば、1回のケアでも効果が感じられる人が多いはずです。

ここで紹介する方法を参考に、毎日の丁寧なケアによって髪をサラサラにしましょう!

髪をサラサラにする方法①:髪の保湿

スキンケアにおいて、美肌の秘訣は洗顔後30秒以内の保湿といわれています。髪の毛のケアも基本はそれと同じで、保湿が欠かせません。

髪の毛が一番乾燥しやすいのは、シャンプー・トリートメント後の濡れた状態から、乾いていく過程です。

そのため洗顔と同様、髪を洗い終わったらすぐにヘアオイルやヘアミルクなどを使い油分を補うことが大切です。
その後、タオルドライやブラシ、ドライヤーなどのステップに進みます。さらに、ドライヤーやブローの後にも保湿をしましょう。

ヘアケアのおすすめアイテム:ヘアオイル

より乾燥対策をしたい人は、ハンドクリームを塗るのと同じレベルで、乾燥が気になるタイミングで「髪の保湿」をするようにしてほしいものです。
特に冬はヘアオイルやヘアミルクを持ち歩き、こまめに髪を保湿するのがおすすめです。

キューティクルケアオイル/エッセンシャル

エッセンシャル CC (キューティクルケア) オイル 60ml ヘアトリートメント 洗い流さないタイプ

楽天で商品を調べる

髪をサラサラにする方法②:摩擦の防止

摩擦が一番起こりやすいのはブラッシングのタイミングです。乾燥した冬の髪にプラスチックのヘアブラシやコームを使うと静電気が起こり、場合によっては、キューティクルに深刻なダメージを与えることもあります。

ヘアケアのおすすめアイテム:ヘアブラシ

猪や豚の毛を使った天然毛のヘアブラシには、髪に自然な油分を与えてくれる効果があるので摩擦が起こりにくくなります。

猪毛ヘアブラシ/コフレ

猪毛ヘアブラシ

猪毛ヘアブラシを見る

ドイツ製 ボア(猪毛)高級ヘアブラシ、オールナチュラル・オールハンドメイド、天然素材(天然ブナの木、天然ゴム、天然猪毛)、髪に艶がでるヘアブラシ、頭皮マッサージ・スカルプケアに最適、「FSC®認証」製品 【輸入雑貨 株式会社コフレ】

ヘアドライタオル

キューティクルは濡れた髪からも失われやすいものですね。髪が完全に濡れている状態より、80%程度乾いた状態でドライヤーに進んだ方が髪を摩擦や乾燥から守ることができるので、シャンプー後はすぐにタオルドライしましょう。
タオルドライには水分の吸収率が高い専用のタオルを使うのがおすすめです。

ヘアドライマイクロファイバータオル/ハホニコ

ヘアドライマイクロファイバータオル

ヘアケアのおすすめアイテム:シルク枕カバー

さらに、枕カバーとの摩擦も案外髪のダメージになるので、シルクの枕カバーを使うか、ナイトキャップを被って寝るのも有効です。

シルク枕カバー/Gugusure

シルク枕カバー


シルク枕カバーを探す

Gugusureシルク枕カバー 100%桑糸シルク 22匁 ピローケース 美髪美顔 両面シルク 敏感肌 ヘアケア 滑らか 安眠潤い しっとり なめらか 熟睡 快眠 ファスナー付き 静電気防止 ホテル品質 防ダニ 究極の肌触り(ピンク/一個) 両親と親友へギフト

髪をサラサラにする方法③: 栄養成分の補給

髪の毛の栄養補給におすすめなのは、保湿効果のあるグリセリンや、栄養成分であるアミノ酸がたっぷり含まれたシャンプーを選ぶことは重要です。これらでシャンプーをするだけで髪の内部に栄養をプラスしてくれます。

さらにコンディショナーは髪の水分を維持し、キューティクルを守ってくれるので毎回欠かさないこと。そして週に1回、髪の乾燥がひどい場合は3日に1回くらいのペースでヘアマスクを使ったスペシャルケアをしましょう!

ヘアケアのおすすめアイテム:アミノ酸シャンプー

シャンプー&トリートメント/aminoRESQ(アミノレスキュー)

aminoRESQ アミノレスキュー スムース シャンプー&トリートメント詰替セット

ヘアケアのおすすめアイテム:トリートメント

エクストラトリートメント/aminoRESQ(アミノレスキュー)

アミノレスキュー エクストラトリートメント

【3個セット】アミノレスキュー エクストラトリートメント 200g

髪をサラサラにするには頭皮ケアもマスト!

サラサラの髪を保つには頭皮ケアも欠かせない!
サラサラの髪を保つには頭皮ケアも欠かせない!

フケが気になる、頭皮が痒いといったケースなら、髪だけでなく頭皮まで乾燥している可能性もあります。
頭皮の乾燥は髪のパサつきにつながりやすくなり、逆に頭皮がオイリーな場合は髪がうねったりまとまらなかったりする原因になっています。そのため、髪を常に清潔な状態に保つことが重要なのです。

頭皮ケアにおすすめなのは毎日のブラッシング。シャンプー前にブラッシングで頭皮をマッサージすると、余計な汚れが落ち、シャンプー・トリートメントの効果が高まります。

また、ブラッシングに加え、1分程度お湯で予洗いをしてからシャンプーをすると、シャンプーの泡立ちが良くなり、シャンプーの使いすぎやすすぎ残しの予防にもなります。

美容院でプロに任せるという手も!

冬の時期は1ヶ月に1回くらいのペースで美容院に行くのもおすすめです。髪の毛の傷んだ部分のカットとシャンプーだけでもプロの手にかかるとキューティクルが整い、手触りが変わりますよ。

特におすすめなのはヘッドスパ&トリートメント。1回のケアで髪が見違えるので、デートなどの前にはぜひ美容院に駆け込んでみてください。

とはいえ、時間やお金の関係で自宅でなんとかしたい……という人は、自宅でできるセルフヘッドスパの方法を紹介しているので、こちらの記事もチェックしてください。

ポイントを押さえて、サラサラツヤツヤな髪を目指そう!

毎日のシャンプー、ブラッシング、ドライヤーなどでも「乾燥」「摩擦」「栄養不足」は起こりやすいものです。髪の毛をうるうるツヤツヤ、サラサラに保つにはこれら3つを徹底的に防ぐことがとっても重要です!

商品選びやケア方法にこだわるだけで、それらは美しい髪作りのアクションに変わる。基本的な髪の毛のケア方法を見直すことでサラサラの髪を手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました