なまらあちこち北海道|レンタサイクルで走ろう!・札幌

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分3 秒です。

レンタサイクル・ポロクル

「ポロクル」はシェアサイクルです。

札幌市中心部で自転車を共同利用するサービス「ポロクル」の今年の営業が始まりました。新型コロナウイルスの感染を避ける移動手段として会員登録数が伸びており、初日から早速多くの市民らが利用しました。

 

新型コロナの感染拡大以降、利用が伸びているJR桑園駅周辺に専用駐輪場を3カ所増やし、計51カ所になっています。営業期間は例年より2週間延長して、11月14日まで利用できます。

営業初日の4月10日、JR札幌駅前の駐輪場では、午前中から市民らが続々と訪れ、自転車で街中に繰り出しました。札幌市手稲区の会社員は「中心部の移動にとても便利です。今日は天気が良く、早速買い物で利用しました」と話していました。

昨年の会員登録数は、新型コロナの影響で前年比2倍近い約2万8千件と過去最高になり、運営するNPO法人ポロクル(札幌)の関係者は「今年も多くの人に利用して欲しいですね。感染予防にのために消毒の回数も増やしています」と語っていました。

ポロクルは24時間営業で、電動アシスト付き自転車400台を配置しています。料金は1回30分以内で165円などです。

簡単な手続きで始められます。

 


さあ、あなたも札幌の街で爽やかな風を受けて走ってみませんか?

(参考:北海道新聞記事・山田一輝氏、認定MPO法人ポロクルHP)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました