なまらあちこち北海道|クリスマスファンタジー・函館

北海道

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分41 秒です。

函館冬のイベント

函館の冬のイベント「2021はこだてクリスマスファンタジー」(実行委主催)が1日、金森赤レンガ倉庫群前(函館市末広町)で開幕し、港に設置された高さ約20メートルの道産トドマツのツリーが、電飾で浮かび上がりました。

午後6時すぎ、白や緑、赤など約15万個の発光ダイオード(LED)が次々と点灯されると、市民や観光客から歓声があがりました。友人と訪れた女性は
「ツリーがびっしりと光で飾られてきれい」
と嬉しそうに話していました。

ツリーは例年、市の姉妹都市、カナダ・ハリファクス市から贈られるモミの木を使ってきていましたが、今年は新型コロナウイルス下で物流が滞り、3年連続で道産材にを使うことになりました。

12月25日まで続けられます。

(参考:函館クリスマスファンタジー実行委員会HP、北海道新聞電子版、阪急交通社HP)

コメント

タイトルとURLをコピーしました