スポンサーリンク

なまらあちこち北海道|ナイトウオーク カムイルミナ・阿寒湖

北海道

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分14 秒です。

 

「阿寒湖の森ナイトウォーク カムイルミナ(KAMUY LUMINA)」が、阿寒摩周国立公園内阿寒湖畔のボッケ遊歩道で、開催されています。2021年6月22日(火)から11月14日(日)までです。

デジタルアート×自然×アイヌ文化の体験型ナイトウォーク

「阿寒湖の森ナイトウォーク カムイルミナ」は、最新鋭のデジタル技術を駆使して、プロジェクションマッピングや光と音の舞台装置・シノグラフィーなどで仕掛けて、夜の森を散歩しながら“自然との共生”の偉大さを伝えるアイヌの物語を体験できる体験型観光です。

距離約1.2キロにわたって幻想的な遊歩道を散策しながら、伝統的なアイヌ文化である世界観や阿寒湖の自然の美しさを身体中で体感することができる設定になっています。

「カムイルミナ」は2019年にが開業しました。当時は国内外から累計3万4千人以上の来場者が訪れました。コロナの関係で一時休止していましたが、今回は約1年半ぶりの開催となります。

デジタルアートと自然の不思議な世界

舞台となる阿寒摩周国立公園内阿寒湖畔の「ボッケの森」は、北海道有数の観光地である阿寒湖温泉街に隣接した場所にありながら、今なお手つかずの自然に囲まれている。また、古くからアイヌ文化を伝承しながら街づくりを行ってきた歴史を持つ地でもある。

そんなボッケ遊歩道に、デジタル技術によってフクロウ、シカなどの動物達や阿寒湖のマリモなどが登場。地形や景観を活かした演出や、季節・天候によって異なる映像の映り方を楽しめる。満天の星や湖からそよぐ風、森の香りといった自然の要素と幻想的なデジタルアートの調和に注目だ。さらに、AR(拡張現実)アプリを使って、スマートフォン画面上に現れるカムイルミナのキャラクターと一緒に写真撮影を楽しむこともできる。

アイヌの歌や音楽も

「カムイルミナ」が表現する物語の題材となるのは、先住民族アイヌの伝説として語り継がれてきた「ユーカラ(叙事詩)」のひとつである「コンクワ(フクロウの神が歌った謡)」と、阿寒湖アイヌに伝わる「大飢饉から人々を救ったカケスの神の物語」。

デジタルアートやアクションを実感しながら、アイヌ文化と自然との関わりについて、大人も子供も楽しく学ぶことができます。

物語の中でリズムスティックから流れる歌や音楽にもアイヌ文化を取り入れており、阿寒湖アイヌの人々が演奏するアイヌの伝統楽器「ムックリ(口琴)」や「トンコリ(五絃琴)」の音色・歌も聞くことができる。

カムイルミナの詳細

阿寒湖の森ナイトウォーク カムイルミナ
開催期間:2021年6月22日(火)~11月14日(日)
開催場所:ボッケ遊歩道(阿寒摩周国立公園内)
入場口:阿寒観光汽船「まりもの里桟橋」前
住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-1
開催時間:日没30分後~21:30
※休前日とお盆期間の最終入場は22:00まで延長
スタート時間:6月23日-8月15日 19:30~/8月16日-8月31日 19:00~/9月1日-9月15日 18:30~/9月16日-9月30日 18:00~/10月1日-11月14日 17:30~
※日没30分後からのスタートとなるため、日毎に若干の時間変動あり。
※オープン日(6月22日)の一般入場は20:30~。
■チケット料金
・当日券 大人(中学生以上) 3,000円、小人(小学生) 1,500円
・前売券 大人(中学生以上) 2,800円、小人(小学生) 1,400円
※未就学児無料
※障がい者優待 当日・前売ともに大人2,000円、小人1,000円
※修学旅行料金 中学生以上2,000円 小学生1,000円
・カムイルミナ+ロストカムイ セット券 大人(中学生以上) 3,900円、小人(小学生) 1,950円
※雨天決行。特別警報や荒天時は安全上の理由により中止とする場合あり。
※コース内での傘の使用は禁止のため、 雨天時はレインコートなど傘以外の雨具を携行推奨。
※開催中止となった昨シーズン2020年の有効期限記載の前売券や割引券を持っている場合は、期限に関係なく2021年度の開催時に利用可能。

【問い合わせ先】
阿寒アドベンチャーツーリズム株式会社
TEL:0154-65-7121

カップルにもすごく人気のショーですが、北海道にも緊急事態宣言が発出されました。解除されてから出かけましょう。

(参考:阿寒アドベンチャーツーリズム株式会社HP、On Trip JAL)

コメント

タイトルとURLをコピーしました